地盤調査で基礎固め|いろいろな方法で土地の性格がわかる

男女

地盤の重要性

男の人

セカンドオピニオン

医療の分野ではよくセカンドオピニオンという言葉がありますが、専門分野においては第三者の意見を聞くことは重要です。住宅を建築する場合には重要になる要素として、その土地の地盤の強度がありますが、地盤調査をする場合もセカンドオピニオンという考え方を頭に置いておく必要があります。通常の場合は、住宅メーカーが施主の代わりに発注して地盤調査を行ってくれますが、その結果として地盤補強を行う業者も住宅メーカーが発注することが少なくありません。これでは、調査から対策まですべてが住宅メーカーの意見で進められてしまいますので、第三者の意見を聞くことが重要になります。とはいっても、実質的には地盤調査においてセカンドオピニオンまで求めている例は多くありません。

複数の調査方法

第三者から意見を聞くことが困難であっても、複数の地盤調査の方法で調査してもらうことは可能です。もちろん、その分だけ費用がかかってしまいますが、不要な地盤改良工事を行うことになれば、多額な工事費が必要になるだけでなく、土地に不要な負荷をかけることになりかねません。一般的な地盤調査の方法としてはスウェーデン式サウンディング試験がありますが、簡便な調査方法であるだけに精度は高くありません。地盤にボーリング調査を行う方法や表面から振動波を送ることで調べる方法などがありますので、併用することで確度の高い調査結果を得ることができます。地盤改良は適切に行わなければ、不十分でもやりすぎても、いい結果を招きません。

家造りの基本は強固な地盤

地盤改良

住宅を建てる時に大事なのは土地選びです。日当たりや風通しの前に地盤が強固であることが重要です。大手ハウスメーカーでは必ず地質調査を行い、強度が不足なら補強工事をします。個人営業の工務店などは地質調査をしない場合があるので、やってもらうように要請します。特に川沿いの土地や埋め立て地は調査が必要です。

詳細

地盤試験で安心物件を建設

ショベルカー

ハウスメーカーなども活用している平板載荷試験は、住宅を建設する前に、事前に地盤の状態や安定性に関する状況を目視でチェックすることができます。テスト結果は現場で見て確認する事ができ、テストによって得られたデータを調査票として数値で確認する事もできます。

詳細

ゴミから得られる電気

葉っぱ

バイオガス発電とは、動物の糞尿や肥料などの有機ゴミを発酵させ、そこから得られるメタンガスを燃焼させることで電力を得るシステムです。個人農家などでも導入することができ、省エネと廃棄物の有効利用というメリットを同時にもたらします。

詳細