地盤調査で基礎固め|いろいろな方法で土地の性格がわかる

メンズ

ゴミから得られる電気

葉っぱ

廃棄物を有効利用

資源保護の観点から、近年では石油などの化石燃料に頼らない発電システムの研究・開発が盛んに行われています。そうしたものの中には、電力会社などの主導による大規模なプラント建設を必要とせず、個人レベルで導入可能なものもあります。その1つがバイオガス発電です。バイオガス発電は、家畜の排せつ物・有機肥料・汚泥・食品廃棄物などを燃料として電力を発生させるシステムです。バイオマス発電と混同されがちですが、バイオマス発電が廃棄物等を直接燃焼させるのに対し、バイオガス発電の方は有機ゴミが発酵する過程で発生するメタンガスを燃料に使用するという違いがあります。また、バイオマス発電に比べると低コストで導入できるというのも特徴の1つです。

省エネとゴミの減量を実現

バイオガス発電のプラントは、シンプルな構造をしています。まず原料タンクに廃棄物等を投入するとそれが発酵槽に移され、加熱・攪拌などの工程を経てバイオガスを産出します。そしてそのガスを燃焼させて発電機のタービンを回すことで、電気を供給します。農家がバイオガス発電を導入した場合、いくつものメリットをもたらします。まず、家畜の糞尿などの廃棄物の有効利用を図ることができます。次に、自家発電を実現することで温室栽培等に要するエネルギーを自ら作り出すことができるようになります。そしてさらに、バイオガス産出後の有機ゴミは液肥として利用できます。非常に経済性が高く、環境への負荷も減らすことのできる優れたシステムだと言うことができます。