地盤調査で基礎固め|いろいろな方法で土地の性格がわかる

メンズ

地盤試験で安心物件を建設

ショベルカー

平板載荷試験で土地の地盤状態を検査することはできるものの、テストの検査結果に関して考えておきたいことがあります。平板載荷試験では垂直方向への荷重をかける事で人工的に地震などの自然災害を想定し、地盤への影響を検査する試験です。この試験では、地面から垂直に地下へ向かって縦方向への荷重検査を行う事ができます。ただし、地下の地層が斜めになっていた場合には「斜め方向の地層がある土地における結果」が生じます。斜め地層の地盤では地下水の影響や災害の影響などを受けて、平板載荷試験の後から地盤が変形してしまう事があるため注意しておく必要があります。あくまで平板載荷試験では垂直方向へ重機を使って荷重をかけ、テストを行った検証結果を得る事はできます。しかしここで解説した斜め方向地盤などのケースもあるため、検査結果は慎重に判断する必要があります。

ハウスメーカーにとっては分譲住宅を建設する際、地盤に関する不安はつきものです。土地の売り主がどのような活用方法をしていたかについては、法務局で登記謄本を発行してもらうなどの方法で確認をする事が出来ます。例えば前の土地オーナーが鉄工所を運営していたとか、田んぼの埋め立て工事をして作った土地だったなど、様々な情報を確認することができます。分譲予定の住宅を建設した後から災害が発生し、土地が地滑りしてしまったり、あるいは盛り土が崩れてしまった場合には欠陥住宅となり販売する事ができなくなってしまう事もあります。こうしたトラブルを防ぐために重機を使って事前に試験を行っておけば、ピンポイントで地盤の状態をチェックすることができるため、住宅建設前の判断資料として有効活用できます。